YouTuberの収入はどれくらい?平均年収900万円!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
youtuberの収入は?

なにかと注目を集めるYouTuber。なりたいと考えている方が多いのではないでしょうか。

そこで気になるのが年収です。このページでは、YouTuberの平均年収を解説するとともに単価相場や収入を得る仕組みなどを紹介しています。さらに、有名YouTuberの推定年収も公開いたします。

気になる方は参考にしてください。

YouTuber(ユーチューバー)の収入は平均どれくらい?

YouTuberは、高額年収を得ているといわれています。平均年収はどれくらいなのでしょうか。

人気YouTuberの平均年収は800~900万円前後

YouTubeクリエイター表彰プログラムでアワードを受けとっているYouTuberの平均年収は800~900万円前後といわれています(年収を公開することは禁止されているので推定です)。

YouTuberクリエイター表彰プログラムとは、YouTubeが実施している動画制作に情熱を注ぐ方をたたえるプログラム。具体的には、ルールに沿って活動しているクリエイターが、チャンネル登録者10万人を超えると「シルバークリエイターアワード」、チャンネル登録者100万人を超えると「ゴールドクリエイターアワード」、チャンネル登録者1,000万人を超えると「ダイヤモンドクリエイターアワード」を受けとれます。

YouTuberの年収は高い?

平均年収が分かったところで気になるのが、YouTuberが本当に稼いでいるかどうかですよね。

国税庁が発表している「平成30年分民間給与実態統計調査結果」によると、1年間を通じて働いた給与所得者の平均給与は441万円(正規雇用は504万円、非正規雇用は179万円)です。以上をもとに考えると、人気YouTuberは給与所得者の2倍程度稼いでいます。世間で言われている通り、人気YouTuberの年収は高いといえるでしょう。

ただし、全YouTuberが、年収800~900万円を稼いでいるわけではありません。

出典:国税庁:平成30年分民間給与実態統計調査結果
https://www.nta.go.jp/information/release/kokuzeicho/2019/minkan/index.htm

YouTubeの単価はどれくらい?

では、YouTubeの単価はどれくらいなのでしょうか。

一般的にいわれているのは、1再生あたり0.1円程度。つまり、再生回数の1割程度を収入として得られると考えられているのです。ただし、単価も公開されていないので、詳細はわかりません。

実際は、これより高い場合も低い場合もあります。1再生0.1円程度を目安にしておくとよいでしょう。

YouTuberの収入源や報酬の仕組みとは?

YouTuberは、いくつかの方法で収入を得ています。代表的な収入源を紹介します。

広告収入(AdSense)

YouTuberの代表的な収入源といえるのが広告収入です。

広告収入を得られる理由は、企業がYouTubeに広告を出しているから。YouTuberは投稿した動画に広告枠を設定し、その動画が再生されることなどで広告収入を得ることができます。

YouTubeの広告には、再生前や再生中に流れるインストリーム広告、動画再生中に画面の下部に表示されるオーバーレイ広告などがあります。

タイアップ動画

タイアップ動画とは、企業から依頼を受けて作成・投稿した「特定の商品やサービスを紹介する動画」です。

企業から、直接、報酬が支払われるため、有力な収入源になり得ます。具体的な報酬はケースにより異なりますが、影響力次第では1本数百万円になることもあります。ただし、基本的に相談がくるのは人気YouTuberだけです。まずは、チャンネルの規模を大きくしなければなりません。

チャンネルメンバーシップ

チャンネルメンバーシップは、視聴者が月額490円を支払うことでメンバー限定の特典を受けられる制度です。

YouTubeが運営するファンクラブのようなものといえるでしょう。YouTuberは収益の70%を受けとれます。ただし、チャンネルメンバーシップには、チャンネル登録者数が30,000人(ゲームチャンネルは1,000人)を超えている、18歳以上であるなどの利用条件が設けられています。すべてのYouTuberが利用できるわけではない点に注意が必要です。

Super ChatとSuper Stickers

Super ChatとSuper Stickersは、チャットフィールド内で、色付きで表示されるメッセージです。

視聴者がチャットメッセージを目立たせるため購入します。YouTuberは、収益の70%を受けとれます。ただし、利用にはチャンネルが収益化されている、チャンネル登録者が1,000人以上いるなどの条件が設けられています。とはいえ、チャンネルメンバーシップに比べ敷居が低い点は魅力です。

熱心なファンがいれば、チャンネル登録者数が少なくてもある程度の収益をあげられるかもしれません。

有名YouTuberはどれくらい稼いでいる?

YouTuberは、以上の方法などで収入を得ています。有名YouTuberはどれくらい稼いでいるのでしょうか。

Hikakinさん

Hikakinさんの推定年収は11~12億円程度といわれています。いうまでもなく、主な収入源はYouTubeです。具体的には、以下の4つのチャンネルを開設して収益を得ています。

・HIKAKIN(登録者数240万人):歌や踊りを中心としたチャンネル
・Hikakin TV(登録者数797万人):面白いものを紹介するチャンネル
・HikakinGames(登録者数449万人):ゲーム実況チャンネル
・HikakinBlog(登録者数56.2万人):ゆるい内容の動画を投稿するチャンネル

収入の内訳は、広告とタイアップ動画による収入が中心とされています。

チャンネルをジャンル別に分けて、ユーザーと広告のマッチ度を高めていると考えられます。もちろん、TV・CM出演などでも収入を得ていますが、YouTubeから得ている収入に比べるとその割合はかなり低いようです。

はじめしゃちょーさん

はじめしゃちょーさんは、最も多くの登録者を獲得しているYouTuberです。

はっきりとした年収はわかっていませんが、少なく見積もっても1億円以上、一説では6億円といわれています。はじめしゃちょーさんも複数のチャンネルを開設しています。

・はじめしゃちょー(登録者数836万人):やりたいことを動画にしているオールジャンルチャンネル。
・はじめしゃちょー2(登録者数246万人):本チャンネルでは投稿しないようなくだらない動画を投稿するチャンネル。
・はじめしゃちょーの畑(登録者数193万人):はじめしゃちょーとその仲間で作るチャンネル。

はじめしゃちょうーの主な収入源も、YouTubeの広告配信とタイアップ動画と考えられています。グッズ販売やテレビ・CM出演などでも収入を得ていますが、YouTubeから得る収入に比べるとその割合はわずかです。

YouTubeで再生回数を稼ぎやすいジャンルや手法

YouTubeで稼ぐにはどうすればよいのでしょうか。稼ぎやすいジャンルや手法を紹介します。

稼ぎやすいジャンル

YouTubeでは、趣味の延長線上にある動画などが人気を集めています。例えば、ゲームや釣り、料理、ツーリング、キャンプなど。基本的には、好きなことをテーマに動画を配信すればよいでしょう。

ただし、競合が強すぎると再生回数は稼げません。まずは、ライバルの少ないニッチなジャンルを狙うべきでしょう。

チャンネル登録しやすい環境を作る

再生回数を増やす基本のテクニックといえるのが、チャンネル登録しやすい環境を作ることです。具体的には、動画内でチャンネル登録を促す、わかりやすい場所にチャンネル登録のURLを記入するなどが対策になります。動画を視聴した方を、逃さずファンにしていくことが重要です。

独自の価値を提供する

自分が伝えたい情報を一方的に発信しても再生回数は増えません。

再生回数を稼ぐには、視聴者が見たい動画を配信しなければなりません。投稿した動画の再生回数をチェックして、視聴者が求める動画をリサーチしていきましょう。

さらに、他のチャンネルやメディアにはない価値を提供することも意識します。価値の作り方は人それぞれです。配信者のキャラクターを打ち出しても、他にはない企画を打ち出しても構いません。ここでしか見られない動画を配信することが重要です。

YouTuberは高収入を得られる可能性がある職業

YouTubeから表彰されているYouTuberの平均年収は800~900万円程度と考えられています。

給与所得者の2倍程度なので、非常に夢のある職業といえるでしょう。YouTubeでは、広告収入やタイアップ動画などで収入を得られます。

年収11億円といわれるHikakinさん、年収6億円といわれるはじめしゃちょーさんの主な収入源も広告収入とタイアップ動画とされています。YouTuberになる敷居は決して高くありません。興味のある方はチャレンジしてみるとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加